婚約指輪を購入する前にランキングサイトで検索

男女

婚約指輪の歴史

指輪

歴史

多くの女性にとってあこがれの存在である婚約指輪ですが、この習慣はどのようにして誕生したのでしょうか。婚約指輪が誕生したのは、古代ローマ時代の事です。そもそも指輪というのは古代オリエント世界において単に装飾品というだけでなく、売買などの契約の証として贈られていたものでありました。それらのことが婚約というある種の契約と合わさり、婚約に際して指輪を贈る習慣が誕生したと言われています。結婚指輪の誕生は中世のヨーロッパと言われていますので、婚約指輪のほうが、歴史はずっと長いのです。当時は現在のような派手なものでは無く、鉄の指輪を用いていましたが、その後時代を経て近世になってダイヤモンドのついた指輪が登場しました。

今後の動き

婚約指輪を取り巻く環境は、社会情勢や若者の価値観の変化などの影響を受けて、大きく変わってきました。かつては高額なものを無理してでも購入するなど、高価なものがもてはやされましたが、近年では現実的な値段で購入するケースが多くなっています。バブル崩壊後の厳しい社会環境を育ってきた現在の若い人は、現実的な価値観を有している為であると言えます。デザイン的にもかつては派手なものが多かったのですが、近年では落ち着いた、普段使いも出来る様な指輪が人気です。婚約指輪自体の人気の傾向などは、時代によって変化していますが、婚約指輪を渡すという習慣は、今日の我が国においてすでに文化として根付いています。一時のムーブメントでない以上は、今後も婚前に婚約指輪を渡すという習慣は変わらず引き継がれていくでしょう。